すこしだけ深堀りしてみるブログ

日々の生活で気になったことを自分が納得できる程度に調べてみるブログです

ギリギリ

「じぃじ、ハイタッチをしよう!」と孫が言うので手を出したら、「そこじゃない!」と言う

ハイタッチのイラスト

「どうすればいいの?」と問うと「もっとたかく!」と言うからそのとおり高くしたら、しゃがんで飛び上がるような仕草を始めた

なるほど・・ジャンプしてハイタッチをしたいわけだ

 

しかしどう考えても私の手の位置まで飛べるはずもなく、結局ハイタッチは不発に終わった

「ギリギリ当たらなかったね~」と慰めるように私が言うと、「ギリギリってなぁに?」と聞いてきた

女の子の表情のイラスト「疑問」

「あとチョットっていうことだよ」

「ふ~ん」と言ってまたハイタッチが始まったから良かったが、終わりのない質問ループになっていたら大変だった・・(^^;

 

「ギリギリ」は「限り限り」と書く

意味は「限度いっぱいで、それ以上余地がないこと」だそうだ

「提出期限にギリギリで間に合った」とか「許容範囲ギリギリで収まった」というような使い方をする

締め切りに追われる漫画家のイラスト(男性)

ってことは、孫が飛べる高さを最初からオーバーしていたのに「ギリギリ当たらなかったね~」という使い方がそもそも間違っていたということだ

今回は最初から「もう少しで届いたね~」と言うべきだった(反省)

孫がそれを知っていて聞いてきたのなら、チョット冷や汗モノだなぁ

 

仮に届いていたとしても「ギリギリ届いたね~」では「やっと」とか「辛うじて」というネガティブな表現になってしまうので、褒めて育てるには「よく頑張ったね~」とか「凄いな、よく届いたね!」がいいだろう

そう考えると、子供に「ギリギリ」という言葉は不適切かもしれないな(自戒)

 

大人になればなるほど「限度いっぱいで、それ以上余地がないこと」が増えてくる

遅刻しそうな人のイラスト「男性会社員」

自分の能力がどれ程かわかってくるし、時間や期限に追われて日々を過ごすことが多くなるからだ

だから「ギリギリ」以上にチャレンジしなくなったり、「ギリギリ」にならないようにコントロールしたりする

それはそれで決して悪いことではないと思うが、たまには「ギリギリ」まで自分を追い込んでみるのもいいかもしれない

壁を乗り越える人のイラスト(男性)

適当なところで妥協せず、無理かもしれないコトをやってみると、子供の時に感じたようなウキウキが待っているかもしれない

今日の深掘りはここまで

蚊とブユ

秋らしくなってきたのでもう大丈夫と油断していたら、蚊に刺された

「クソーッ、また刺された!」

「まだいたのか・・」

蚊はもういなくなったと思ったのに・・、考えが甘かった!

雨上がりのあと、ちょっと気温が上がるとどこからともなく登場する蚊

「お前らはいつまでいるつもりなんだ!?」と聞いたところで答えが返ってくるはずもないので、自分で調べることにした

 

日本には約100種類の蚊がいるが、血を吸うのは20~30種らしい

その中でもよくお目に掛かる(掛かりたくないけど・・)のが、ヒトスジシマカアカイエカ、チカイエカだ

ヒトスジシマカはいわゆるヤブカで、白い縞が入っているアイツだ!

ヒトスジシマカのイラスト

4月~10月、主に昼の時間帯に野外(暗く湿った場所)で活動し、卵の状態で越冬する

アカイエカは、寝床に就くと「プーン」と寄ってくるアイツだ

アカイエカのイラスト

4月~10月、主に溝や用水路に生息し夜に活動するが、こちらは成虫のまま越冬する

チカイエカはアカイエカとよく似ているが、ビルや地下の浄化槽などに生息し、一年中活動しているというから厄介だ

 

血を吸うのはメスだけで、産卵に必要なタンパク質を補給するために血を吸う

産卵は1~4回行うため、一度産卵するとまた次の産卵に向けて血を吸いに来る

蚊は一度血を吸ったら二度と吸わないと聞いたことがあったが、それは真っ赤なウソだった

 

メス蚊の吸血活動は気温に大きく左右される

16℃以上になると吸血活動が始まり、26℃~31℃で最も活発になるが、15℃以下あるいは35℃以上になると吸血活動をやめてしまうそうだ

どうしても刺されたくないなら、15℃以下の寒い日か、35℃以上の猛暑日に出かけるしかない

 

蚊は炭酸ガス、温度、臭いを感知して飛んでくる

運動したあとやお酒を飲んだあとに、汗臭い、黒の短パンや濃い色のTシャツを着て歩くのは、「私のタンパク質をお好きなだけどうぞ!」と言っているようなものだ

蒸し暑い様子のイラスト

どうしても26℃~31℃の時間帯に出かけたいのなら、白の長パン、襟の付いた白い長袖、白い靴下を履いて、虫よけスプレーをしっかり吹きかけ、白いマスクで口を覆って出来るだけ息を弾ませないようにするしかない

ちなみに蚊に刺され易い血液型とかはないらしい

 

蚊は血を吸う際に唾液を出すが、これがあのかゆみの原因だ

何のために唾液を出すかと言うと、吸血中に血が固まらないようにするためだ(これが無いと吸った血も固まってしまうらしい)

針を刺しても気づかれないように麻痺させるモノだと信じていたが、これも全くのデタラメだった(^^;

「でもあと1か月ほど我慢すればいなくなるな!」

蚊は蚊で一生懸命なのだろうが、人間にとっては伝染病の媒体にもなる厄介な虫だ

 

蚊と言えばまだ夏真っ盛りのころ、蚊とは違う「蚊みたいなヤツ」に刺されたことがあった

「蚊じゃないヤツに刺されたんだけど・・」

「何それ? 蚊じゃないの?」

「う~ん、蚊じゃないんだよ・・」

「どんなヤツなの?」

「ハエより小さくて、黒くて、三角の戦闘機みたいなヤツ・・」

「何それ? ただコバエが止まってただけじゃないの!」

「いやいや、払い落したら手に血が付いたから吸われてたと思うよ」

「やだ~、早く洗って来て!」

虫よりも手に付いた血を気持ち悪がる妻だった・・(^^;

 

蚊以外に血を吸う虫を調べると、アブ、ブユ(ブヨやブトとも言う)、ヌカカ、ダニ、シラミなどがいるそうだ

私が刺された「蚊みたいなヤツ」は、大きさから言ってダニやシラミじゃないことは確かだから、アブかブユかヌカカってことになる

アブのイラストアブ

これらの虫はハエの仲間で、大きさはアブが8~14mm、ブユが3~5mm、ヌカカは1~1.5mmだと言うから、「こりゃ、間違いなくブユだな!」

 f:id:dfcarlife:20211012124544p:plainブユ

 

アブもブユも蚊と同じくメスが吸血するのだが、蚊と違うのは刺すのではなく咬み切るというところだ

蚊に刺されても刺し痕から血は出ないが、アブやブユに咬まれた痕からは血が滲んだり流れ落ちたりする

噛み切るのだから当然痛いわけだが、ブユは毒素を出すので吸われている時は気が付かないことがあるらしい

「だから気が付かなかったんだ・・」

「手で払ったらピュッと血が付いたのもこれで納得がいく!」

ちなみにヌカカは、蚊と同様に針のような口で刺すため刺し痕から血は出ない

 

調べているうちに思ったのだが・・

子供のころは蚊やブユによく刺されていたのだろうが、まったく気にしていなかったような気がする

思い出すことと言えば、ブタの置物から蚊取り線香のけむりが漂っていたことと、蚊帳をめくって寝床に入ると何だかウキウキした気持ちになったことぐらいか・・

蚊帳のイラスト

いやいや・・、そう言えば空き地のドラム缶によくボウフラが湧いていた

棒でドラム缶を「ガーン」と叩くと、クネクネしていたボウフラたちが一旦沈んでまた浮かんでくるのを面白く見ていたものだ

 

でもそんなヤツよりもっと興味のある生き物がたくさんいて、捕まえては決闘させたり、糸を結び付けて飛ばしたり、クラッカーで吹っ飛ばしたり、いま思えば残酷な子供時代だった・・(^^;

クワガタ虫トンボ蝉バッタカマキリ

神社の裏山や田んぼの畔、小さなため池や工事現場の空き地など、何か生き物を見つけてはギャーギャー騒いでいたのを思い出す

そう考えると今の都会ではそんな冒険もおいそれとは出来ないか・・

いや、いまの子供たちは刺されたり咬まれたりしない、もっとワクワクするバーチャルな冒険があるんだろう

今日の深掘りはここまで

いとこ&はとこ

ある日のこと、「親戚に有名人・著名人がいるかを探ってみる」と言うテレビ番組をやっていた

ちょっと面白そうだと思って見ていたのだが、血筋ではない親戚(義理の親戚)まで広げて調査しているのを知って・・

「これじゃいくらでも探せるよな」と私

「ファミリーヒ〇トリーのほうがまだマシよね」と妻

このやり方だと誰かしら有名人に行きつくだろうし、みんな祖先は源氏か平家になる(^^;

「ところで、何で【いとこ】【はとこ】って言うのかね?」

「そんなこと私が知ってるわけないじゃない!」

「そっか・・、だよね~」

f:id:dfcarlife:20210803143740p:plain

ということで調べてみた

 

【いとこ】とは兄弟姉妹の子同士の関係を表し、兄弟姉妹の前に「従」と書いて「いとこ」と呼ぶ

自分より年上なら従兄や従姉、年下ならば従弟や従妹と言った具合だ

【はとこ】は【いとこ】の子ども同士の関係を表す言葉で、【いとこ】の文字の前に再をつけて再従兄などと書く

同じ意味を表す言葉として、又をつけて又従兄【またいとこ】、二をつけて二従兄【ふたいとこ】と呼ぶこともある

 

【いとこ】や【はとこ】を血縁関係で説明するものはたくさんあるのだが、その語源について言及しているものは意外に少ない

と言うか、恐らくハッキリした資料が残っていないのかもしれない

「いとしい子」から派生したというものもあったが、これはちょっと説得力に欠ける

最も納得できたのが、稜威乙子「いつおとこ」が「いととこ」→「いとこ」に変化したという説

 

稜威(いつ)とは血族・親族関係における権威を意味する言葉で、乙(おと)は直接感のない子孫を意味することから、同じ母から生まれた関係ではなく、母の姉妹から生まれた子(こ)を意味したらしい

これが母方だけではなく、父方でも使われるようになったってことか・・

f:id:dfcarlife:20210826194119p:plain

昔の中国では父方の男性いとこのことを「従父兄弟」、女性いとこのことを「従父姉妹」と表していたそうで、日本に伝わってから父母両方の「いとこ」を表す言葉として「父」が無くなり「従」だけが残ったとすれば「いとこの書き方」にも納得がいく

 

中国から伝わったと言えば、昔の中国では長男、次男、三男をそれぞれ「伯・仲・叔」と言って兄弟の上下関係を明確にしていたそうだ

これが日本にも伝わって、親の兄姉を「伯父・伯母」、弟妹を「叔父・叔母」と書くようになったんだとか・・

 

【いとこ】については大体わかったのだが、【はとこ】の語源については何も情報を得ることができなかった

【いとこ】の前に「再」を付けて【はとこ】と読むが、「再」は「サイ・サ・ふたたび」と読み、二回、ふたたび、もう一度という意味がある

【いとこ】の「子ども同士」の関係だから、【いとこ】を再び跨ぐような意味でこう書くらしいが、【はとこ】という呼び方にはどうも繋がらない

同じ意味の【またいとこ】【ふたいとこ】は読みも書きにも納得がいくが、【はとこ】については【いとこ】と同様に別の語源があるに違いない

 

ところで、少子高齢化は日本にとって大きな問題となっている

少子高齢化のイラスト

よく話題になる、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」は昨年(2020年)調査で1.34だ

この数値は最低だった2005年の1.26から徐々に増えていたが、ここ5年は連続で前年を下回っている

また5年ごとの調査なのであまり耳にしないのが、完結出生児数だ

いわゆる夫婦が最終的に出生する子ども数と言われるもので、前回の第15回調査(2015年)では1.94となっている

1977年の第7回調査以降何とか2.0以上を維持していたが、2010年の第14回調査で1.96となってからは2.0を割り込んでいる

結婚後5~9年経過した夫婦の子供の数を見ても、ゼロが12.9%(第7回は4.2%)、一人が28%(第7回は17.3%)、二人が47.5%(第7回は61.8%)、三人以上が11.7%(第7回は16.8%)となっており、約40年前は兄弟姉妹がいる家庭が3/4だったが、いまは3/5に減ってしまったということだ

 

【いとこ】も【はとこ】も兄弟姉妹がいないと存在しない間柄だ

集合している人たちのイラスト(子供)

国の経済活動も社会保障も人口が減っては成り立たなくなってしまう

たくさんの【いとこ】【はとこ】が出来るような、そんな社会にしていかねばならない

 

今日の深掘りはここまで